印刷される書籍と画面でみる電子書籍の選び方の違いや、それぞれの良さと、印刷される書籍に対する個人的な感情

書籍と言っても色々ある!
検索フォーム
最近の記事
書籍と言っても色々ある!

書籍と言っても色々ある!

PAGETITLE
書籍と言うと1番始めに、ページをめくって読む「本」が思い浮かびます。数年前ほどから書籍は「本」だけではなくなっていき、今ではパソコンやスマートフォンで読むことのできる電子書籍なんて言うものもありますね。

書籍に分類されるものを挙げていきますと、「文庫本」「漫画本」「辞書」「雑誌」などがありますが、豪華な付録で昨今人気のある「ブランドムック本」も書籍に分類されます。年々、売上が減少している出版業界ですが、電子書籍の売上は右肩上がりのようです。電子書籍の場合ですと、外出先でスマートフォンやタブレット端末で読む場合、荷物にならず、気軽に読めてとても便利ですね。

外出時に荷物の多い方に重宝されているのではないでしょうか。私も電子書籍を読むことがありますが、小説などの物語に入り込んで楽しむ場合は電子ではない「本」を選択する傾向があります。どうしてか考えてみると、印刷時のインクの匂いや本の重みに癒されたり安心したりすることが分かりました。購入して年月の経った本ですと、保管場所によっては陽にあたって日焼けをしてしまうことで出る温かみを感じたりできます。電子も電子ではない方も自分のスタイルやその時の気持ちでチョイスすると楽しいのではないでしょうか。

Copyright (C)2016書籍と言っても色々ある!.All rights reserved.